Orthodontic

高崎で小児から大人の矯正にも
力を入れています。

歯並びが気になり お子さんの成長・健康
のためにできること

こんなメリットがあります

  • アゴの成長発育をコントロール
  • 歯を抜く確率を減らす
  • 出っ歯や受け口など、コンプレックスを解消
  • 正しく食べられる、正しく話せる。

矯正専門医がお子さんの成長に合わせて治療計画をご提案

  • 女性矯正医がご希望に向き合うカウンセリング
  • 「矯正認定医」による豊富な経験と高い技術
  • むし歯予防や歯周病予防も同時に当院で治療

お子さんの健康と将来を見据えた矯正治療

理想的な時期に矯正治療をはじめるためにまずは検診を。

子どもの矯正治療

子どもの矯正治療

お子さんの矯正治療は、親から子にできる大切なギフトです。お子さんの将来を見据え、お口元の悩みやコンプレックス解消の手助けができます。また早期段階から矯正治療を行うことで、本格矯正治療の治療期間短縮や後戻りを少なくできるメリットがあります。
また小児矯正の1番のメリットは、成長期であるお子さまの顎の成長をコントロールしながら治療が行うことができる点にあります。顎の成長をコントロールすることで、永久歯の生え揃うスペースを確保したり、骨格のズレを改善することで将来お子さまが抱くコンプレックスを防ぐことにも繋がります。

こんな歯並びでお悩み方

矯正専門医

歯科医師 福島 くみ子

シンヤ矯正・歯科クリニック 院長
日本矯正歯科学会 認定医

こんにちは!歯科医師の福島です。
歯科医師免許を取得後、大学病院の矯正科で専門知識を幅広く学んできました。そして、あらい歯科のオープン当初から矯正医として勤務しております。
矯正歯科治療は歯並びをきれいにすることだけが目的ではなく、その先に虫歯や歯周病予防という最大の目的があります。

あらい歯科では、矯正治療だけではなく、虫歯予防や歯周病予防も同時に行うことができます。
お子様の矯正治療は、お子様だけでなく、ご家族の方と長い期間関わっていく治療です。お子様とはもちろん、ご家族の方との信頼関係もとても重要です。治療のこと、それ以外のこと、お気軽に相談ください。

小児のワイヤー矯正

子どもの矯正治療

早期段階から矯正治療を行うことで、本格矯正治療の治療期間短縮や後戻りを少なくできるメリットがあります。
また小児矯正の1番のメリットは、成長期であるお子さまの顎の成長をコントロールしながら治療が行うことができる点にあります。顎の成長をコントロールすることで、永久歯の生え揃うスペースを確保したり、骨格のズレを改善することで将来お子さまが抱くコンプレックスを防ぐことにも繋がります。

矯正を始めるならいつからがよいでしょうか?

お子さまの矯正治療には開始する時期によって、「第1期治療」と「第2期治療」があります。
「第1期治療」は永久歯と乳歯の混合する時期に、上下顎の成長をコントロールすることで理想的な歯並びに改善することを目指します。「第2期治療」は永久歯が生えそろった段階で、歯に固定装置をつけて行う一般的な矯正治療になります。

お子さまの状態によって、矯正治療に必要なタイミングや治療期間は異なります。小学生1年生のうちから矯正治療が必要な場合もあれば、高学年になってからの治療で十分な場合もあります。適した時期をしっかり見極めるには、事前の診査診断が大切です。
お子さまのお口や歯並びに違和感や不安を感じた時に、出来るだけ早めに受診していただくことで、適した治療のタイミングをお伝えすることができます。適した時期から治療を開始することで、抜歯や大きな手術をすることなく、歯並びを整えることができ、お子さまの治療負担の軽減にも繋がります。
まずはお子さまのお口の中で気がかりなことがあれば、早めに受診するようにしましょう。

こどものマウスピース矯正

プレオルソ

「プレオルソ」は、取り外しのできる「マウスピース式矯正装置」です。永久歯に生え変わる前に使うと効果が高いと言われています。「歯ならび」だけでなく、「咬み合わせ」「お口ぽかん」の改善、「口呼吸から鼻呼吸へ」「舌のトレーニングによる正しい飲みこみや発音」など、お子さまを健康な体へ導くことを目的とした矯正です。

こんなメリットがあります。

  • 柔らかい素材で、お子さんへの負担が少ない
  • 取り外しできるため、お手入れが簡単
  • 日中1時間と就寝時」のみの装着
  • 治療後、後戻りしにくい
  • プレオルソのみで治療が終わる場合も

大人の矯正治療

矯正治療のメリット

矯正治療は子供だけのものではありません。小児矯正のように顎の成長発育を利用した治療は行えませんが、成人の方も矯正治療を受けることができます。大人の矯正治療のメリットとして、虫歯や歯周病のリスクを軽減できるだけでなく、咀嚼機能や発音の改善、顎関節症、身体のバランスや運動能力の改善が見込まれます。
また出っ歯や受け口など矯正治療を受けることで、顔貌のコンプレックスを改善することができます。治療期間は小児矯正よりも長くなってしまいますが、長年抱えていたお口の問題を解消することができるので、その分得られるメリットは大きなものとなります。

どんな効果に期待できますか?

  • 虫歯や歯周病のリスクの軽減
  • 歯磨きなどのセルフケアがしやすくなる
  • 顎関節症の改善
  • 身体のバランスや運動機能の改善
  • 顔貌のコンプレックス改善
  • 発音、咀嚼機能の改善

何歳まで矯正できますか?

矯正治療に年齢制限はありません。歯と周囲の歯周組織が健康で、歯周病の進行が少なければ、何歳からでも矯正治療を始めることができます。ただし、小児矯正と比較すると、成人での矯正治療は歯の周囲の骨が固まった状態のため、歯を動かしにくくなり治療期間が長くなってしまうのがネックです。
ただ矯正治療にも様々な種類があり、人目につかず治療が行える装置もあるので、矯正期間中も人目を気にすることなく、これまで通りに過ごすことができます。矯正装置の見た目が原因で二の足を踏んでいた方も、お気軽にご相談ください。

治療期間は?

歯を動かす動的治療に、約1年半から2年程度かかります。その後動かした歯を固定するための静的治療として、保定装置(マウスピースやプレートを用いた治療)を装着する期間が約1〜2年程度あります。歯並びを綺麗にした後も、後戻りしないために骨が安定するまでの間、治療を継続していかなくてはなりません。
治療期間を短く、即効性を求めることは、歯への負担も大きくなります。また、歯は日常生活で少しづつ動いていきます。後戻りを起こさず、綺麗な歯並びを維持するためにも、ゆっくり時間をかけて定着していくことが大切です。

料金表

矯正相談
4,000円
検査・診断
60,000円
処置料(毎月1回)
6,000円
矯正施術料
プレオルソ(予防的矯正)
70,000円
小児矯正(18歳未満)
350,000〜650,000円
小児矯正から成人矯正へ移行(追加)
450,000円
成人矯正(18歳以上)
700,000〜1,000,000円
審美ブラケット(追加)
70,000円
  • 上記の費用はすべて税込です。