歯科治療費が医療費控除の対象に?

医療費控除制度とは

医療費控除制度とは、1月から12月までの間、本人または家族が支払った医療費が10万円を越える場合に、確定申告をすれば税金の還付が受けられる制度です。(上限は200万円まで)申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

医療費控除制度は全ての歯科治療に使えるわけではありませんが、予防関連(人間ドッグなどの健康診断も含む)と成人矯正、ホワイトニングを除くほとんどの保険外治療に使うことが出来ます。

具体的には、以下のようなものに対して使うことが出来ます。

・インプラント
・保険外の金やポーセレンクラウン(被せ物)や入れ歯など
・発育段階にある子供の成長を阻害しないように行う不正咬合の歯列矯正(審美矯正は医療費控除対象外)
・治療のための通院費も医療費控除の対象になります。

お子さんの通院の場合は、付添人の交通費も通院費の対象となります。
その際は日にちと金額の記録を残すとともに、バスやタクシーなどの領収書も保管して下さい。自家用車で通院した場合のガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。

詳しくは国税庁のホームページをご覧ください。

 

クレジットカードでのお支払いは?

カードを利用した場合でも、歯科医院発行の領収書(添付書類)と、カードローンの契約書の写しをご用意下さい。
※金利及び手数料は医療費控除の対象となりませんので御注意下さい。

 

医療費控除を忘れてしまった場合・・

医療費控除の申請を忘れた、あるいは医療費控除という制度を知らなかったという場合でも、5年以内であればさか のぼって申請を行うことができます。

 

詳しくは担当医、受付スタッフにお気軽にお問い合わせください。