虫歯治療について

 

「歯が痛いな」と思ったら、すぐに歯科医院で見てもらいましょう。定期健診を受けて、虫歯を予防・早期発見するのが理想です。

また、虫歯ができたことや治療をすることで、噛み合わせはズレてしまいます。ただ治療をして終わりではなく、噛み合わせを調節するなど、将来を見据えた治療が大切です。患者さんが私たちと協力して歯をきちんと管理すれば、どなたでも良い歯を維持できると当院では考えています。

 

治療についても、麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布し、麻酔液をゆっくりと注入したり、コンピューター制御の電動麻酔器を使用するなど、なるべく痛みの少ない治療を心がけています。

 

むし歯の段階(C1~C4)により治療法が異なります。

 

c1

C1/エナメル質内の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始めた段階の虫歯です。痛みがなく、ついつい放っておきがちです。虫歯の部分だけを削除して、合成樹脂(レジン)を充填します。

c2

C2/象牙質に達した虫歯

虫歯がエナメル質の内側の象牙質に達したものです。象牙質はエナメル質により軟らかい組織なので、むし歯の進みかたが速くなります。
C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填するか、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

c3

C3/歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が象牙質の内側の歯髄に達したものです。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。

歯髄の炎症が重度な場合は、歯髄組織を除去したあとで、根管内を消毒し、シーリング材を用いて充填します。
また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンやセラミックなどの被せ物をします。

c4

C4/歯質が失われた虫歯

歯冠が溶けて無くなり、根の部分だけが残っている状態です。

C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。

抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・部分入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

 

子ども歯科治療について

お子さまの虫歯は、早めの治療が大切です。

child_bn800

乳歯の虫歯は、永久歯にも悪い影響を及ぼします。乳歯の神経が死に、それをそのまま放置しておくと、茶色く変色した永久歯が生えてくることがあります。また、両脇の歯が傾いて永久歯が生えるスペースが不足したり、噛み合わさるもう一方の歯が伸びることにより、その後の歯並びにも影響することもあります。

まだ虫歯が小さいうちに受診できれば、比較的簡単に治療することができます。また、削らなくてもフッ素の塗布で進行を抑えられることがあります。

まずは、当院にご相談ください。

ご相談・お問い合わせはこちら